MY14

ランディングギアにカバーを張り付けました。ZAP PT20高粘度瞬間接着剤を使いましたが、何度も飛ばした現在もはがれていません。そのままだとスパッツにぶつかるような長さだったので5伉度切り落としてあります。
MY15

カナライザーは差し込んでZAP PT10低粘度接着剤で固定しました。何度も前後左右また上からも見て位置を確認してください。そのうえで接着してください。

MY16

別売のコックピットパイロットセットをキャノピーに装着しますが、その前にコックピットベースにデカールを張り付け、パイロット人形を接着します。接着の前にパイロット人形の底が水平になるようスーパーサンダーなどでサンディングします。接着はZAP PT04中粘度瞬間接着剤を使いました。

MY17

青いコックピットベースをスライドさせるようにキャノピーに差し込みます。右側から差し込んでいき、いったん左側に飛び出させます。そうしておいて右側先端を所定の位置に差し込みます。ちなみに青のコックピットベースは一切カットしていません。入りにくいからといって絶対に周りを切らないでください。また多少曲げてもパイロット人形は取れません。

MY18

そしてだましながら左端をキャノピーの内側におさめます。この状態でほとんど動かないのであえて接着はしていません。

MY19

はい、完成しました。最初は全く入らないと思わせるような大きさですが、何も切ることなくきっちりおさまりますので安心して装着してください。

MY20

カウルをはめ込んだら、プロペラアダプターの上にグリップワッシャーを挟みます。

MY21

その上にスピンナーのバックプレートを差し込み、さらにもう一枚グリップワッシャーを差し込みます。

MY22

それからプロペラを差し込みワッシャーとナットを軽く手で締めます。この時点でスピンナーコーンのねじ穴位置を確認しながら手でナットを締めておきます。そして位置が決まったらレンチで締めてゆきますが、グリップワッシャーのおかげでまったくプロペラもモーターも空回りしません。これはぜひ試してください。

MY24

スピンナーコーンを取り付ければ完成です。防火壁からドライブワッシャーまで75mmにするとノーズとアルミバックプレートの隙間がほぼ2伉度になりすっきりおさまりました。