TM02

セブアートの機体キットの組み立て説明書には各動翼の舵角が角度で指定されています。
ただなかなか角度を計測するものがなく、確かに分度器はありますがやはり困難ですね。
セバチャンはまあ何でも飛ばせるから自分の経験から目分量で舵角を決めてもいいんでしょうが、
僕を含めて一般にはなんとかきちんと舵角をセットできるほうがすっきりします。また実際に問い合わせも多くあったので探してみました。そうするとなかなか簡単でいいものがあり、販売することにしました。写真からもわかるとおり表も裏も使えるので左右の舵面を計測するときに非常に便利なこともわかりました。
TM06

使用方法は次の通りです。
TM03

まず計測する動翼にクリップを挟みます。20ミリを超えるかなり厚いものでも大丈夫です。またクリップの内側にはやわらかいパッドが貼られていて機体を傷付けることがないようになっています。またクリップのスプリングは強くもなく弱くもなくちょうどいい加減にはさむことができます。上の写真ではエレベータのニュートラル位置で
はさみましたが白い矢印はまだ0度を指していません。

TM04

次に下の支点を軸に縦バーの上部を動かして白い矢印が0度を指すようにします。これで設定完了です。写真では正確に0度を指していませんが、皆さんは計測前にきちんとセットしてください。

TM05

これでエレベーターを動かしてみますとその舵角の位置を矢印が指し示すようになります。写真では25度を指し示しています。簡単なのであっちこっち測ってみたくなります。確かにこれは一個ほしいツールですね。