AM01
なかなか製作の時間が取れずイライラしていますがとにかく少しでも前に進むことが大事とパワーポッドの製作に着手しました。パーツはこれだけですが若干の加工が必要のようです。左下の合板はポッド支柱板でケガキ線に沿って切り取りますが厚さ6mm近くもあります。またその上に乗っている四角の合板はモーターマウント用で厚さ4仄紊△蠅泙后これに右の図面のモーターマウントのイラストを切り抜いて貼り付けやはり切り取ることになります。
AM02

ポッド支柱板をハンド糸ノコでこりこりやり始めたのですが、あまりに時間がかかり途中で年寄にはきつい作業だとあっさり態度を変えて電動糸ノコを使いました。近くのジョイフルホンダで6800円という展示品を購入、さかさかセットして早速切り出し開始。やっぱ早いわ!!と感動しながら作業を進めることができました。

お店には3万円から5万円もする電動糸のこ盤がたくさんディスプレイされていたのでかなり迷いましたが、6800円で十分よかったと納得しました。確かに切り粉を自動で吸い込んでくれたり、10センチ以上の厚みにも対応していたりと機能を考えると悩みましたが、年寄りのらくらくホンと同じで単純な機能に絞ったもので十分いいですね。

AM03

続いてモーターマウントの切り出しにチャレンジ。意外に小さいのでうまくいくのか心配、とりあえず電動糸ノコである程度大きく切りだしてそれからリューターで仕上げようと計画。

ところが実際にやってみると案ずるより産むがやすしというのかなんというのか最初のカットから割とスムーズにイラストの線に沿って外周が切れだしたので調子に乗ってどんどん切り進んで行きました。しかし・・・

AM04

やっぱり最後でこけました。右側の突起部分(ポッドの支柱板に接着する)を思わずカットしてしまいました。やっぱりここは大きくカットしておいて手作業で仕上げるべきでした。後悔先に立たずですが、なにも致命的なことではないと言い聞かせ前に進むことにしました。

とりあえず推奨モーター(Graupner Inline 470)を仮にとりつけてみました。貼り付けたイラスト通りに穴を開けてモーターを取り付けようとしたらなんと穴位置が合いません。計測してみるとイラストは25丱團奪繊▲癲璽拭爾亮茲衂佞鰻蠅19丱團奪舛任靴拭まあこれは愛嬌です。

これからモーター冷却用の穴開け作業に入りたかったのですが、東京へ向かう時間になりましたのでここからはまた次回ということにさせていただきます。