audi01
驚いたことにRC関連の展示会場7AにAUDIがブースを出していました。もちろん車を売るためのイメージ出展と思いますが、おしゃれな小型レーシングカーが展示されていました。クラシックなイメージを出しながら実はリチウムバッテリーで走る電動カーだったのです。とても良く出来ていてほんとにほしくなりました。いくらするかを聞くのは野暮ってものですね。
audi05

後部から見たところです。色といい形といいなんともいえません。

audi02

まるでコクピットのようなイメージで作られており、さらにカーボンの色合いと濃いベージュのステアリングやトリムがマッチして、いやーますます、じっくり見ていたくなります。

audi03


これは人力のレーシングカーです。

audi04

その他子供用のAUDIグッズが展示されていました。

yountong

中国のバッテリーメーカー、Yuntongもブースを出していました。

aeronaut
アエロノートの無尾翼グライダー。写真では小さく見えますがスパン3200mmもあります。アクトロ24-4モーターが搭載され、6S5000のリポと14X8ペラがつけられていました。

kavan

歴史あるKAVAN社のブース、4−5年前にアメリカのSIG社を買収しています。これといった新製品はないのですが、ベーシックでスタンダードなキットやパーツが展示されていました。

jr

JRさんも初のJRブースを出展。昨年まではヘリ関連のドイツ代理店AKホビーさんがJRブースを担当しておられましたが、今年は一転JRさんが直接プロポを含めすべての展示を行っていました。大きな変化があったようです。やはりJR本体の直接の出展ということもあって毎日たくさんのビジターが訪れにぎわっておりました。

kyosho

京商さんも大きなブースを出しておられました。奥で腕組みされておられるのは鈴木社長じゃないでしょうか?

ripmax

イギリスのディストリビューター、RIPMAX社のブースです。

scorpion

スコーピオンのブースには直径30センチもあろうかと思われるアウトランナーが展示されていました。

castle

Castle Creation社もブースを出しておりました。

handa02

あらゆるコネクターの半田付けを簡単にするツールです。エボナイトのような材料で半永久的につけるそうです。79ユーロというのは安いのか高いのかわかりません。便利なことは間違いありませんが・・・・。

handa01

ワイヤーを固定するアームもついています。

oracover01


オラカバー社のブースにはオラカバーを張った実機が展示されていました。もちろんオラカバーはもともとウルトラライトなど実機用に作られたものをRCに転用しているのでこれが当たり前なのかもしれません。

oracover02

オラカバー社でもRCの機体キットを発売するそうです。AirBorne Oneという名前の実機をスケールダウンしたものです。実際の観た感じはこの写真よりもかわいいものでした。スパン2530mmです。

midwest
スーパーサンダーや紙ヤスリなどでおなじみのMidWest社のブースがラジコンとは関係のない会場にありました。

fscale01

ダミーのスケールペラが展示されていたESCALE社のブース。

fscale02

ESCALE社のブースですがそのほかにはあまり特徴のある製品が見つかりませんでした。

merklin01

今度は鉄道模型の会場です。メルクリンのブースではなんとiphoneやiPadにコントローラーアプリが搭載され、複雑なレイアウト上を走る複数の車両を制御していました。これからはこうなるのでしょうか?

merklin02

右側の白いコントローラーは通常のもの・・・といっても完全にデジタル化されていますが、左側のパネルはiPadです。非常にわかりやすくびっくりしました。これからはなんでもこのようなことになるのでしょうか・・・。

india

中国や台湾、インドなどのパビリオンです。アジア諸国の新興トイメーカーが多数出展していました。出展費用も結構高いと思われますが、とにかくたくましい限りです。

car02

ミニカーの会場へ行けばとにかくかわいい車がいっぱいです。何んともおしゃれでほんとに飾っておきたくなりますね。

car01

何なんですかねこのかわいらしさは。

car03

同じカラーリングの実車のシトロエンもディスプレイされていました。

今回も偏った写真の撮り方で誠に恐縮ですが写真撮影禁止のところもあり、まあ差し障りのない程度にとどめましたがいかがだったでしょうか。

ニュールンベルグに来るといつもとにかく一つ一つのブースを商売抜きで丹念に見て回ることができたらしあわせなのになあといつも思います。

ニュールンベルグソーセージとビールとおもちゃの街、ニュールンベルグ。ぜひみなさんも機会があれば訪れてみてはいかがでしょうか?