ニュールンベルグのTOY FAIR 2011にきています。 img01
ハッカー社のブースです。これまでは電動ヘリのミカド社と共同出展だったのですが、ミカド社が今年は出なかったのでセブアートとの共同出展となりました。
img02
これです!!ハッカーの新しいアンプというのは!!マイクロプロセッサー搭載のセンサー付高機能アンプです。まだ詳細はつめられていませんがたとえばモーターの回転数などを負荷の変化によって制御しパイロットがより自然で精細な飛行が行えるようになるなど電動のメリットを最大限に 生かす仕様になる予定だそうです。

img03

グラウプナー(タンジェント)のフラミンゴ・ジュニア、2011年モデルです。エレクトロジュニアを卒業したらこれにステップアップ!!

img04

セバちゃんの3Dベクター機構搭載ミグ29です。また2個のダクトファンはそれぞれ外側に反転し、より高い安定性を得ています。

img05

セブアート新製品マッキ72です。パワーユニットはすべてウインド50Eと同じものが使えます。

img06
ついにやってしまいました、JETI社が16チャンネルコンピュータプロポを発表してしまいました。モデルメモリーやミキシングは無限、テレメトリー搭載でさらにオーディオ機能が搭載されているためセットした数値などを飛行中に超えたりするとプロポが音声でしゃべります!!「電流流れすぎ~~!!」「モーターの温度上がりすぎ!!」などなど。さらに書ききれないほどの機能搭載でわずか800ユーロ(にするらしい)!!写真のタイプはオンボードタイプですが、いわゆる通常のハンドタイプも発売される予定です。またボディ外周はマグネシウムというマニア泣かせのプロポです。JETIから日本で発売できないかとのことなので各方面に働きかけていこうとおもっています。