GK04
とりあえず全体の軽量化のためにグラスで出来たボディーを取っ払うことにしました。はずして壁に立てかけようと持ち上げたらあまりの重さに思わず腰にズキッと・・・・丈夫なのはいいけどほんとに重いです。これを取り去ったことでかなり軽くはなるはずです。

GK05

アクセル、ブレーキ、メーター、スイッチ、前進・ニュートラル・後退切り替えボックスなどグラスボディーと一体になって取り付けられていたものもすっかり外しました。これをシャーシのどこかに再び取り付けるわけですが、うまくきれいにとりつけられるかどうか・・・。
GK03
すっかりさっぱりしたカートですが、これでもシャーシが鉄ということもあるんでしょうか、まだ重いです。格好は悪いですが実験用なので我慢しましょう。横にある緑のボックスがもともと付属していた鉛バッテリーです。36V17Ahです。重量は測っていませんが持ち上げるのもいやになるくらいの重量です。


GK06
後部にはギア付モーターが片側1個づつ、合計2個がっちり固定されています。もちろんブラシモーターで直径20センチくらいのものでおそらくこれも重量の元かと思います。今回これはそのまま使うことにしています。時間が出来たらブラシレスに・・・・。



GK07

シャーシ中央ステーの左にあるのがモーターコントローラーで36V1000Wとかかれており、また31Vでカットオフが働くようです。右の白い箱は・・・よくわかりませんが、ブレーキをかけたときに電源をオフにしたり、ブレーキランプのコントロールなどさまざまな機能をつかさどるサーキットボードが入れられているとのことです。次回は外した部品を組み付けてリポのテストです。