G4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RCシミュレータの最高峰、最新版Real FlightG4(日本語版)がやっと入荷してきましたのでテストとデモをかねて今までG3が動いていたノートパソコンにインストールしてみました。

前のバージョンであるG3をアンインストールすることなく、そのままG4をインストールしました。というのは以前のバージョンを削除するとかしないとかの記載がマニュアルになかったため、多分大丈夫だろうと思って行いました。後でマニュアルを読み返すと共存可能と書かれていました。したがって今現在はG3とG4の2つのアイコンがデスクトップに共存しています。CD−ROM4枚をインストールしますのでこれだけでもすごいことが想像できます。さらにG4用の付属コントローラーはかなりグレードアップしていてこれだけでも相当な機能がついています。(これではG3とかG3.5は動作しません。)またヘリを練習するために、エンコンスティックに交換用のラチェット板が付属しています。(小さいものなので、よくセットに入っていませんでしたという質問をいただきます・・・でもよく見ると必ず入っています。)また自分の送信機を接続するためのケーブル(フタバ用のみ)が2種類付属しています。そんなこんなでなんとかインストールしてシリアル番号などを入力すると動き出すはずです。と思いながらも不安・・・というのはこれだけ重いものが果たしてノートで動くものなのか確信がもてなかったからです。しかし画面に飛行機が現れ、フィールドが現れ、スロットルを上げるとするすると動き出しかなりスムーズに離陸して行きました!!心配することはなかったようです。水上機やグライダーなども加えられ機体の数はすごいとしか言いようがありません。でもなんといってもヘリの充実ぶりは目を見張るものがあります。やってみるとリアルすぎて怖いくらい、これで飛ばせるようになったら間違いなくヘリを飛ばせるようになります。それも非常に短い時間で。あらゆる条件を変化させることができ、自分の機体を作ることさえ可能なこのシミュレータReal Flight は一回買ったらエキスパートになっても使えるハイパフォーマンス・システムなのです。さらに今回から価格も大幅に下げられました。今まで少し高いかなと手をこまねいていた人も、もう他と比較する必要もないでしょう。これで決まりではないかと思います。ところでG4をインストールしたノートですが、たかいものではありません。たしか1年ほど前に11万円くらいだったと思います。スペックは下記の通りです。参考にしてください。

OS......................Windows XP SP2

CPU....................Intel Celeron  Mobile 1.6Ghz

Main Memory......1GB

Video Card...........nVidia GeForce GO 7400

HDD....................55GB