リトルベランカの電動ラジコン飛行機のFAQ

DENDO(電動)ラジコン飛行機をDENDO(伝道)したい!

MYTHOS 125Eの製作(その1)

MTS01

 

なかなか他のことに追われて手がつかず焦っていたのですがやっと製作にかかることができました。

まずHACKER A60-6XS V2 28Pを所定の位置に固定します。防火壁の裏側にはすでにツメ付ナットが埋め込まれているので付属ボルトで締め付けてゆきます。機体全体の大きさと比較するとモーターがかなり小さく見えます。ペラは19X12WE19X13WEを使う予定です。

続きを読む

ニュールンベルグのTOYフェアにいってきました

すっかり日が経ってしまいましたが、今年もニュールンベルグのトイフェアにいってきました。

banburg
とにかく今年は寒かったです!川にあつい氷が張っていました。ニュールンベルグから北へ列車で一時間ほどのバンベルグに泊まっていましたが、はっきり言ってこのときの寒さは半端なものではありませんでした。最低気温摂氏マイナス24度、最高気温が摂氏マイナス11度という日も有り、さすがに震え上がりました。厚いダウンを着込み、手袋をつけ、耳当てをつけ、靴の中にホッカイロを入れましたが太刀打ちできませんでした。その後遺症だったと思うのですが帰ってきて2週間ほど風邪で悩まされました。
(写真はすべてクリックすると拡大写真がみれます。)

続きを読む

セブアート新作MYTHOS(ミトス)が到着!!

MYTS27

昨年春頃から電話やメールで110クラスの上を作らないかと話してきましたが、やっと昨年の秋も終わりの11月、セバスチャンが日本に来たときにいろいろ話を詰めた結果125クラスで実現した機体です。名前はMYTHOS(ミトスと読みます)で、ギリシャ語の{伝説」とか「神話」という意味です。

バブルで燃え上がっていた1990年代、東京六本木MYTHOSグループの高級クラブ「茜(あかね)」で夜な夜な飲んでいた頃を懐かしんで名前を付けたわけではありませんが、セバスチャンからまじめに「MYTHOSにしようよ」と言われたときそんなこともあったのでしょうか、一も二もなく賛成していました。「AKANEはどう?」なんても言えないしね。ところでまだ店はあるんだろうか・・・?

さてさて話を本題に戻して、モーターはHACKER A60-6XS 28P V2(KV370)で、バッテリーはなんとLi-Po 6S5000が一本だけです。アンプはSpin 99 OPTOあるいはHACKER X-110 OPTO Proを前提にしています。6セルなら充電器や電源もそれほど大きなものが必要なく、これまでウインド50や110を飛ばしていた人やエンジンから移行しようとしている人にも多くの負担をかけずに済むのではないかと思っています。

スパン1800mm、全長1900mm(スピンナー含む)ですが、胴体のボリュームがあるせいかかなり大きく感じます。反対に重量はバッテリーを除いて4400gとなっていますが、どうもバッテリーを含めて4500-4600g程度で済みそうです。とにかく早く製作してテストしたいですね。

組み立てる前にまずこの機体の特徴を見てゆきましょう。

続きを読む

ALFAマイクロムスタングの製作

MUS001
アルファモデルのマイクロムスタングが小さくて可愛いので作ってみることにしました。モーター、アンプ、バッテリー、ペラ、サーボ、リンケージパーツが一式キットに含まれていますので、迷うことなくそれを使うことにしました。説明書は英語ですが写真などが多く、それだけでもわからないことはないと思いますが実際にはやはり一度ざっと目を通しておくほうがいいと思います。それによるとこのキットはやはりラジコン中上級者向けとのこと、またバッテリーも含めた全備重量を65g以内にすればよく飛ぶがそれ以上になると飛行はかなり難しくなるとのこと。肝に銘じて65gを目標に頑張ってみることにしました。エルロン、エレベーター仕様ですが、エレベーター、ラダー方式にすることもできます。そのためのリンケージロッドも同梱されています。重量の関係から2サーボが限界でロッドが同梱されているからといってもエルロン、エレバーター、ラダーのフルハウス仕様は無理でしょうね。でもきっとサーボケースを外したり、ケーブルを細いものに変えたりしながらチャレンジする人がいるでしょう。ここまで行くと引き込み脚も付けるかなどと考える人がいるかもしれません。何事もやってみることが大切です。
続きを読む

Graupner AMIGO lV ARFが完成(その3) 

RIMG0459
サーボはES321がサイズ的にもぴったりでした。マウントも加工せずに即搭載できました。受信機はJR RD431を使いました。べニアの台を貼りつけてその上にベルクロで固定しました。ロッドストッパーを使ったのは調整も簡単で良かったのですが、主翼止めのアルミ棒を通す穴と位置的に干渉してしまい、大した作業ではありませんが穴をあけ直す羽目になりました。やはり付属のロッドキーパーを使ったほうがいいかもしれません。
続きを読む

Graupner AMIGO lV ARFを作り始める(その2) 

AM01
なかなか製作の時間が取れずイライラしていますがとにかく少しでも前に進むことが大事とパワーポッドの製作に着手しました。パーツはこれだけですが若干の加工が必要のようです。左下の合板はポッド支柱板でケガキ線に沿って切り取りますが厚さ6mm近くもあります。またその上に乗っている四角の合板はモーターマウント用で厚さ4仄紊△蠅泙后これに右の図面のモーターマウントのイラストを切り抜いて貼り付けやはり切り取ることになります。続きを読む

Graupner AMIGO lV ARFを作り始める(その1)

AMG01
GraupnerのAMIGO(ARF)の製作に着手しました。2時間程度でここまではこれます。もちろんメカなどは一切搭載していませんが、リンケージロッドやアジャスターがすでに胴体内に入れられているので極めてスムーズでした。続きを読む

ピラタスPC−21のファイアーウオール

GP PC21

PC−21用エンジンコンバージョンキットに含まれるフロントファイアーウオールはマニュアルの写真より小さいので上記の写真のように右上の穴をまず合わせてください。この位置で接着してください。ここを決めてから他の穴をドリルで開けていってください。お願いします。

電気用品安全法とリチウムバッテリーについて

電気用品安全法、いわゆるPSEというマークを承認を受けて貼付しないと販売することはだめですよということがあるのはご存知かと思います。おもに100Vに接続する機器類はすべてこの法律の対象になっています。そのため厳密にはみなさんが使っているAC100Vに直接接続して使用する充電器や安定化電源などもその対象になっています。

さらに平成20年11月からAC100V接続機器以外にもいろいろな電気関連機器がその対象として加えられました。その中にリチウム蓄電池も加えられました!!やられたとほんとに思いましたが但し書きにそれ以前に生産されたものや輸入されたものはその規制対象外とされていたので、その時点ではまあまあいいじゃないかということでうやむやにしてきたのです。しかし・・・・!!続きを読む

マルチメーター7イン1のタコメーター機能について

7in1
SKYRC社のマルチメーター7イン1につきまして発売以来おかげさまで好評です。7つの機能が1個に収められているので確かに便利です。多機能をうたうととかく複雑になりすぎていざ使おうと思った時にはマニュアルを何度も読まないとその機能を使えないなんて事もよくあります。ただこの7イン1に限って言えば誰にでもわかりやすいメニュー画面と単純化された操作方法によってだれにでも簡単に使うことができます。また計測表示される数値も単機能の高額計測装置に引けを取らず正確です。センサー機能も鋭敏に働き瞬時に計測し、結果を表示します。

実際その通りなのですがガンガン太陽が照りつける季節に入ってその繊細さゆえに光学式回転計測センサーがうまく機能しないという事実に直面しました。その対策についてテスト結果をこちらに書きますのでうまく計測できていない方は是非参考にしてください。

続きを読む

LCC で上海へ




茨城空港へ到着しました。駐車場は何日止めていても無料なのでうれしいです。続きを読む

セバちゃんの3Dジェットがやってくる!!

img01_h

セバスちゃん自身がかなり時間をかけて飛行テストしていたのでいい出来になっていると思います。また電動でのベクターシステムについては1個のEDFでしたが彼はほぼ5年くらい前にすでに試作をしていて、それからずいぶん悩みながら最終的に今回2個のEDFによる本格的に使えるベクターを完成させました。また各EDFファンは反転仕様で自律安定性は抜群です。とりあえず彼のフライトをビデオで見てください。


続きを読む

SebArtの製品カタログ完成しました!

sebartcatalogue

セブアート社のARFキットの製品カタログ2011年版完成しました。
ご希望の方にお送り致します。続きを読む

ガングリオンが出た!!

ガングリオンなんてこれまでの長い人生でまったく聞いたことのない名前の病気?でもないようなふくらみが、ある朝突然左手首内側に飛び出してきました。顔を洗って腕時計をしようとしてびっくり!!写真のようなこぶのようなものが飛び出していました。

img01
続きを読む

マルチメーター7 in 1を使ってみたら。

BC01
7つの機能をひとつにまとめた中国SKYRC社製造のマルチメーター7イン1を実際に使ってみました。

上の写真では最初の機能であるバッテリーチェッカーを選び、計測するHacker TopFuel 6S4500のバッテリーをVolt Portに接続します。
各セル電圧とパック残量そしてバランス状態が表示されています。

Hacker TopFuelのバランスコネクターはサンダーパワーやフライトパワーと同じ2mmピッチなのでこのマルチメーターの2.54mmピッチとは合いません。
そこで別売のTP/FP用変換アダプターを使いました。ハイペリオン用タマゾー用も別売で用意しましたのでバッテリーに合わせて用意します。いずれにしても黒のケーブルをマイナスに接続してください。
続きを読む

ニュールンベルグ TOY FAIR 2011 〜その他

audi01
驚いたことにRC関連の展示会場7AにAUDIがブースを出していました。もちろん車を売るためのイメージ出展と思いますが、おしゃれな小型レーシングカーが展示されていました。クラシックなイメージを出しながら実はリチウムバッテリーで走る電動カーだったのです。とても良く出来ていてほんとにほしくなりました。いくらするかを聞くのは野暮ってものですね。続きを読む

ポケットレーダーの記事 スキー編

ポケットレーダーをスキーシーンでテストしていただきました!その様子がSki Graphic誌2011年3月号で紹介されました。

img01


続きを読む

ニュールンベルグ TOY FAIR 2011 〜グラウプナー編

framing03
ここはグラウプナーのブースです。やはりタンジェントのグライダーが展示されていました。これはスロープ用のフラミンゴ・ジュニア、スパン2250mmです。すっきりしたオーソドックスなデザインなので好感が持てます。続きを読む

ニュールンベルグ TOY FAIR 2011 〜JETI編

img02
2011年ニュールンベルグで各種高級スピードコントローラーで有名なチェコのJETI社から3種類の新しい製品が発表されました。写真の16チャンネル2.4Ghプロポと新しいJETI BOX Profiそして新しいスピコンMEZONシリーズです。どれも非常に魅力的で発売が待ち遠しい限りです。続きを読む

ニュールンベルグ TOY FAIR 2011;ハッカー編

booth01

booth02

ハッカー社のブースはコーナーにあり、かなりお金をかけているようでした。

続きを読む
リトルベランカ


Subscribe with livedoor Reader
Archives
コメリドットコム ホームセンターのコメリ・ドットコム
記事検索
エアロフライFS WIN / MAC などのダウンロード版購入できます!
Produkt als Download kaufen


天気予報

-天気予報コム-
RC専用ローン
suruga

「Collectors loan/RC購入プラン」
  • ライブドアブログ