リトルベランカの電動ラジコン飛行機のFAQ

DENDO(電動)ラジコン飛行機をDENDO(伝道)したい!

セバちゃん@笠岡

RIMG0206
9月の最終の週末に、セバちゃんが笠岡にやってきました。RC-TECH BNCさんの飛行会だったのですが、あいにくの台風到来で小雨交じりの土曜日になってしまいました。それでも雨の合間を縫ってフライトを行いました。セバちゃん仕様のMB339の前でとにかく記念撮影を行いました。


RIMG0209


左端はクリルモデルのクリルさん、右隣の赤いジャケットの方はMVVSエンジンの新社長(すみません、お名前を聞き忘れました)中央はこれから飛ばすExtraの設定を丹念に行うセバちゃん。

RIMG0191
本当にお恥ずかしい限りですが、バナーだけは並べていただきました。高本さん、恐縮です。
続きを読む

Avanti Sジェットのトルクロール!!


HPIM0302 (2)


Avanti Sジェットのトルクロール写真が届きましたので早速アップします。そろそろやるのではないかとは思っていましたが、さすがですね。

HPIM0303 (2)
続きを読む

JetPower 2012 (その4 ブース)

その4ではブースの様子をレポートします。やはり地元ということもあるのかもしれませんが、ドイツ、チェコ、ハンガリー、スロバキアなどのメーカーが目立っていました。もちろん中国系のメーカーも数社出展し、広いブースに機体を所狭しと並べていました。下の写真はその中国メーカーの展示ブースです。社長の林(リン)さんに話を聞いてみると中国のコストが極端に高くなってきてとても昔のような利益は出ないよと言ってました。

RIMG0039

RIMG0040

RIMG0041



RIMG1127

RIMG1127-2

続きを読む

JetPower 2012 (その3 アバンティS)

RIMG1080
レポートその3では、これからリリース予定のAvanti Sを中心にセブアートのブースを紹介します。

RIMG1081
手前のブルーのAvanti Sが、デモフライトを行った機体です。
続きを読む

JetPower 2012 (その2)

RIMG0056
土曜日はあいにくの寒い日になりました。それでも朝から多くの人が集まってきています。
このその2では少し会場のの子をレポートします。


RIMG0082

もはや初冬という感じの出で立ちの人が多く見られますが、まさに寒いです。
しかたなくビールを飲んで体を温めることに・・・。
続きを読む

JetPower 2012 (その1)

ドイツのボンから車で20分ぐらいのバード・ノイェンアール・アールヴァイラーという町で9月14日〜16日までJETPOWER2012が開催されました。

前日13日に成田からフランクフルトに入り、鉄道でケルンに向かい、ケルンでレンタカーを借りました。
ついでにケルン駅前の大聖堂を一応チェックしてから、バード・ノイェンアールに向かいました。このケルン大聖堂は高さ157mもあり、ユネスコ世界遺産に指定されているそうです。世界遺産ががこんな駅前に!!RIMG1075  RIMG1076続きを読む

ドイツで手に入れたもの

mk01

ドイツ、バート・ノイエンアールで開かれたJet Power 2012の帰りにHackerさんの会社にお邪魔しました。その際JETIからリリースされたばかりのDC-16プロポが購入できないか聞いてみたところ、製品自体の生産量が非常に少ないうえMode1は全くないとのことでしたが、おそらくサポート用に残しておいたものではないかと思うのですがそれを分けてもらえることになりました。物が足りないためハッカーさん自身もまだ持っていないという話でしたので恐縮しましたが、せっかくの好意を受けることにして日本にもって帰ることができました。2.4Ghzの16チャンネルシステムでFHSS方式です。但し出力が100mWのため正式にはこのままでは日本で使用することが出来ません。しかしデザインもすばらしくまた機能的にも大いに興味がありましたので、これから勉強させてもらうつもりです。続きを読む

セブアート初のスポーツジェットの最近の写真とビデオが届きました。

AVT01
ホライゾンエアミート2012でのスナップです。パワーユニットはドイツBehotec社のBJ180、それにベクタースラスト機構を組み込んで3Dフライトを可能にしています。また両翼の下にはエンジンからのスモークとは別にレッドとグリーンのスモークが出せるようにしてあります。ウイングスパン2m、全長2.22m、ドライ重量10.8kg、胴体のみグラスファイバー、主翼等はバルサプランク、オラカバ仕上げです。続きを読む

JR飛行機大会におじゃましたところ・・・・・・!!

Sebart04
8月19日に行われたJR飛行機大会にすこしだけでしたがお邪魔してきました。
天気は抜群に良く、風の具合もこれ以上ないくらい右からの順風でした。
そんな中、最初のスポーツマンとアドバンスクラスが始まってびっくり。
セブアートの機体がズラッと並んでしまいました。ウインド50、ウインド110、ミスウインドなどで待機場がほぼ埋め尽くされてしまいました。嬉しいやら恐縮するやらで・・・・。続きを読む

スティーブS30E よく飛ぶね!

Stev 30Eオレンジイエローあります)を早速飛ばしてみました。
動画アップしましたので、是非みてください。あまりの安定性のよさに眠くなるくらい気持ちが楽になります。ストレスがないというのはほんとにいいことです。

でもこれでいろんな演技をするのであれば前縁スラットは外したほうがいいです。そのくらいスラットの効果があるんです。

http://youtu.be/usBpzP6a9tE

スティーブS 30E 製作しました

001
Shark 30Eの後継機ともいえるStev 30Eが入荷したので急いで組んでみることにしました。箱の写真にはセバスちゃんの次男スティーブ君と2種類のカラーバージョン(オレンジイエロー)が載っています。今回はオレンジバージョンを試作してみることにします。

002
中の開けてみるとこれまでになく整然と梱包されており、中の主翼や尾翼が動かないようにダンボールパネルで押さえがつけられていました。なかなか好感がもてます。
続きを読む

セバチャンのジェットAvantiSが飛びました!


VOLO-2_l


AVANTIのテスト飛行の写真を入手しましたので早速ご覧ください。
まずスモークを出しながら離陸です。パワーボックスのポンプを使っています。

続きを読む

Sport Aerobatic Jet AVANTI SがSebArtからまもなくリリース!!

top1
初めてのJet、AVANTI Sがこの秋にSebArtからリリースされます。
最終プロト機が完成し、イタリア北部Ozzano Emilia(オザノ エミリア)飛行場でテスト飛行を行ったときのスナップです。
スパン2000mm、全長2220mm、乾燥重量約9kg、写真の機体はJet-Cat P100 RXタービンエンジンを搭載しています。胴体はコンポジット(塗装済み)、主翼等はバルサフルプランク、オラカバ仕上げです。
機体のみのベーシックモデル、エアー駆動によるランディングギア搭載モデル、タービンエンジン搭載モデルなどいくつかのSKUを設定する予定です。
ちなみにベーシックモデルは税込198,000円の予定です。続きを読む

セバちゃん、優勝!!


sebaf3a_l

セバスチャンがMythos Pro 2mで、F3Aイタリア選手権で優勝しました。

結果表はこちらです。となりで優勝カップとバッテリーを持っている選手は、サンマリノF3A界の貴公子、マッシモくんです。セバちゃんは昔からマッシモくんとすごく仲がいいこともあり、彼に誘われてサンマリノ共和国に国籍を移したのかもしれません。マッシモくんのファミリーはサンマリノ共和国政治経済界に絶大な力を持ち、政府機関の要所要所に影響力のある親戚を配置しているとのことでした。気候がよく税金も低くそれなのに観光収入で国全体がお金持ちのサンマリノ共和国に国籍を移したい人が長い列を作っている中、短期間でセバちゃんがサンマリノの国籍を取得できたのもマッシモファミリーの力かもしれません。恐ろしいことです。でもマッシモくん、僕のこともよろしくネ!!


続きを読む

セブアートの機体が入荷してきました。

前回のセブアート入荷が昨年12月末だったことを考えるとあまりに長い間(3ヶ月ちょっと)入荷がありませんでした。この間在庫がどんどんなくなってゆき、残る機体もごくごくわずかでネットの表記もほとんどすべて「ただ今、品切れ中」でご不便をおかけすることになってしまいました。というのも・・・・・・続きを読む

MYTHOS 125Eの製作(その1)

MTS01

 

なかなか他のことに追われて手がつかず焦っていたのですがやっと製作にかかることができました。

まずHACKER A60-6XS V2 28Pを所定の位置に固定します。防火壁の裏側にはすでにツメ付ナットが埋め込まれているので付属ボルトで締め付けてゆきます。機体全体の大きさと比較するとモーターがかなり小さく見えます。ペラは19X12WE19X13WEを使う予定です。

続きを読む

ニュールンベルグのTOYフェアにいってきました

すっかり日が経ってしまいましたが、今年もニュールンベルグのトイフェアにいってきました。

banburg
とにかく今年は寒かったです!川にあつい氷が張っていました。ニュールンベルグから北へ列車で一時間ほどのバンベルグに泊まっていましたが、はっきり言ってこのときの寒さは半端なものではありませんでした。最低気温摂氏マイナス24度、最高気温が摂氏マイナス11度という日も有り、さすがに震え上がりました。厚いダウンを着込み、手袋をつけ、耳当てをつけ、靴の中にホッカイロを入れましたが太刀打ちできませんでした。その後遺症だったと思うのですが帰ってきて2週間ほど風邪で悩まされました。
(写真はすべてクリックすると拡大写真がみれます。)

続きを読む

セブアート新作MYTHOS(ミトス)が到着!!

MYTS27

昨年春頃から電話やメールで110クラスの上を作らないかと話してきましたが、やっと昨年の秋も終わりの11月、セバスチャンが日本に来たときにいろいろ話を詰めた結果125クラスで実現した機体です。名前はMYTHOS(ミトスと読みます)で、ギリシャ語の{伝説」とか「神話」という意味です。

バブルで燃え上がっていた1990年代、東京六本木MYTHOSグループの高級クラブ「茜(あかね)」で夜な夜な飲んでいた頃を懐かしんで名前を付けたわけではありませんが、セバスチャンからまじめに「MYTHOSにしようよ」と言われたときそんなこともあったのでしょうか、一も二もなく賛成していました。「AKANEはどう?」なんても言えないしね。ところでまだ店はあるんだろうか・・・?

さてさて話を本題に戻して、モーターはHACKER A60-6XS 28P V2(KV370)で、バッテリーはなんとLi-Po 6S5000が一本だけです。アンプはSpin 99 OPTOあるいはHACKER X-110 OPTO Proを前提にしています。6セルなら充電器や電源もそれほど大きなものが必要なく、これまでウインド50や110を飛ばしていた人やエンジンから移行しようとしている人にも多くの負担をかけずに済むのではないかと思っています。

スパン1800mm、全長1900mm(スピンナー含む)ですが、胴体のボリュームがあるせいかかなり大きく感じます。反対に重量はバッテリーを除いて4400gとなっていますが、どうもバッテリーを含めて4500-4600g程度で済みそうです。とにかく早く製作してテストしたいですね。

組み立てる前にまずこの機体の特徴を見てゆきましょう。

続きを読む

ALFAマイクロムスタングの製作

MUS001
アルファモデルのマイクロムスタングが小さくて可愛いので作ってみることにしました。モーター、アンプ、バッテリー、ペラ、サーボ、リンケージパーツが一式キットに含まれていますので、迷うことなくそれを使うことにしました。説明書は英語ですが写真などが多く、それだけでもわからないことはないと思いますが実際にはやはり一度ざっと目を通しておくほうがいいと思います。それによるとこのキットはやはりラジコン中上級者向けとのこと、またバッテリーも含めた全備重量を65g以内にすればよく飛ぶがそれ以上になると飛行はかなり難しくなるとのこと。肝に銘じて65gを目標に頑張ってみることにしました。エルロン、エレベーター仕様ですが、エレベーター、ラダー方式にすることもできます。そのためのリンケージロッドも同梱されています。重量の関係から2サーボが限界でロッドが同梱されているからといってもエルロン、エレバーター、ラダーのフルハウス仕様は無理でしょうね。でもきっとサーボケースを外したり、ケーブルを細いものに変えたりしながらチャレンジする人がいるでしょう。ここまで行くと引き込み脚も付けるかなどと考える人がいるかもしれません。何事もやってみることが大切です。
続きを読む

Graupner AMIGO lV ARFが完成(その3) 

RIMG0459
サーボはES321がサイズ的にもぴったりでした。マウントも加工せずに即搭載できました。受信機はJR RD431を使いました。べニアの台を貼りつけてその上にベルクロで固定しました。ロッドストッパーを使ったのは調整も簡単で良かったのですが、主翼止めのアルミ棒を通す穴と位置的に干渉してしまい、大した作業ではありませんが穴をあけ直す羽目になりました。やはり付属のロッドキーパーを使ったほうがいいかもしれません。
続きを読む
リトルベランカ


Subscribe with livedoor Reader
Archives
コメリドットコム ホームセンターのコメリ・ドットコム
記事検索
エアロフライFS WIN / MAC などのダウンロード版購入できます!
Produkt als Download kaufen


天気予報

-天気予報コム-
RC専用ローン
suruga

「Collectors loan/RC購入プラン」
  • ライブドアブログ