リトルベランカの電動ラジコン飛行機のFAQ

DENDO(電動)ラジコン飛行機をDENDO(伝道)したい!

新シリーズ移行に伴い、在庫品のみ値下げします!

アドバンスエナジー社は、2013年1月22日にこれまでのサンダーパワーG6 シリーズをすべてG8シリーズに置き換えるとアナウンスし、1月29日からニュールンベルグトイフェアでサンプル製品を展示していました。

tp1
続きを読む

JETIの新しいプロポDS-16は、3軸アクセロメーター内蔵なのだ!!

ds-16_1

ニュールンベルグで驚いたことの一つにJETIの新しいプロポDS-16には、3軸アクセロメーターがついていたことです。続きを読む

DH-112 VENOMが簡単に飛んでしまった!!

DH11
時々小雨が降り、めちゃくちゃに寒く暗い日にVENOMの初飛行とラジ技さんの取材になりました。雪になるのではないかと思われるような寒さでさすがに震え上がりました。何もこんな日にと思いましたがなかなか日程がうまくいかず強行いたしました。皆さん申し訳ありませんでした。ただ風だけが強くなかったのは幸いでした。

製作した僕の心配をよそにTP6セル4400 25Cを搭載して全備重量2.6kgの機体は、するすると芝の上を走りだしふわっと浮いたと思うまもなくあまりにも簡単に離陸し、上空へと飛びあがりました。テストパイロットの八田さんは、飛ばしやすくパワーも十分すぎるくらいでEDFの練習機として最高だといっておりました。確かに飛んでる姿からもとにかく安定しているのが強く感じられました。

なお今回の写真はすべて電波実験社末広氏が撮影したもので、許可を得て使用させていただいております。また製作時に写真が取れなかった個所も末広氏に撮ってもらいましたので今回はそれもアップしていますので見てください。。(なお今回は寒さと雨のせいにして僕は写真もビデオも撮りませんでした。今度天気のいい日にとりますから許してください)

続きを読む

DH-112ベノムを作ってみた!!

DH01

スイスのReady2fly社から、やっと届きましたので急ぎ組み立ててみました。製造は中国のFreeWing社です。モーター、90mmダクテッドファン、電動引込み脚、マイクロサーボX9、アンプ、SBEC、翼端ランプ、テールランプなどすべて搭載済み・配線済み・コネクター装着済みなので謳い文句は約1時間で組み上がるということだったのですが、僕の場合は2時間強かかってしまいました。

基本的にはサカサカとラベルのついたコネクター同士を接続していけば出来上がります。私の場合2箇所のハメ合わせ部分にすこし時間がかかりましたが、なかなか良く出来ていてびっくりしました。デカールも既に貼ってあるので手間いらずです。

時間がかかったそのひとつが、双胴の両サイドにあるカーボンパイプを主翼後ろにあるステンパイプに差し込む作業ですが、若干ハメ合わせが悪く、しかし強く力を入れられないので、カーボンパイプの先端を丸くサンディングし、また受け側のステンパイプに付着していた接着剤を綺麗に取り除く必要がありました。また実際に入れるときはノーズを下にして上から少しづつだましながら押し込むようにするとうまく入ります。

次に時間がかかったのは左右の主翼を胴体側面に差し込んでボルト止めですが、主翼側のステンパイプが胴体側の角カーボンパイプにやはりスムーズには入りませんでした。ステンパイプの先端をなめらかにサンディングして試し入れを繰り返しました。片方入ってももう一方があるので左右どちらかスムーズに入るようであればスムーズに入らない方を最初にトライしたほうがいいです。ただキットによる個体差があるのでもしかするとなんの苦労もなくスムーズに入ることがあるかもしれません。このへんは現物合わせで行けばいいと思います。

とはいえARFを作る時間から考えれば相当に短い時間で最終的にはご覧のように出来上がりましたので、合格ですね。

それからこれはよくあることなのですが接続されているサーボコネクターが微妙にサイズが違うため、受信機に差し込む時にスムーズじゃなく若干指先が痛くなりました。これもピンだけ出ている受信機であれば全く問題ないと思います。

テストしたところ電動引き込み脚もノーズ、メインともスムーズに動き、翼端ランプ・テールランプも無事点灯したのでホッとしました。これからテスト飛行するのが楽しみです。続きを読む

スクラッチビルトの素晴らしき世界 WHAT A WONDERFUL KEN-TOMI'S WORLD!


15

2012/11/7-13まで
SHORT LINK CIRCUIT
〒106-0031 東京都港区西麻布3-1-14
六本木フォレストビルB1

1

11月7日早速六本木のギャラリーにお伺いしました。

ケン・富永さんが精魂込めて製作したビンテージ機の数々がテーブルの上にディスプレイされていました。飛行可能なモデルはすべて天井から吊るされて臨場感たっぷり。また今回作られたという写真集も無料でいただけるようになっていてマニアには堪らない時間を過ごすことができました。

ところでこれらの機体は全てキットではなく材料を一つ一つ整形して作り上げたスクラッチビルトなのです。ビンテージタイヤもシートもダミーエンジンもプロペラもすべて手作りです。見ると一つ一つどこかなつかしくまた可愛らしく仕上がっています。この何とも言えない可愛らしさが「ケン・富永の世界」だと思います。有りものの材料を使ったスポークホイールのつくり方も教えてもらえるようなので、興味のある方はぜひ訪れてみてください。「目からウロコ」の世界です。続きを読む

スイスから新製品!!

product_l

続きを読む

セバちゃん@笠岡

RIMG0206
9月の最終の週末に、セバちゃんが笠岡にやってきました。RC-TECH BNCさんの飛行会だったのですが、あいにくの台風到来で小雨交じりの土曜日になってしまいました。それでも雨の合間を縫ってフライトを行いました。セバちゃん仕様のMB339の前でとにかく記念撮影を行いました。


RIMG0209


左端はクリルモデルのクリルさん、右隣の赤いジャケットの方はMVVSエンジンの新社長(すみません、お名前を聞き忘れました)中央はこれから飛ばすExtraの設定を丹念に行うセバちゃん。

RIMG0191
本当にお恥ずかしい限りですが、バナーだけは並べていただきました。高本さん、恐縮です。
続きを読む

Avanti Sジェットのトルクロール!!


HPIM0302 (2)


Avanti Sジェットのトルクロール写真が届きましたので早速アップします。そろそろやるのではないかとは思っていましたが、さすがですね。

HPIM0303 (2)
続きを読む

JetPower 2012 (その4 ブース)

その4ではブースの様子をレポートします。やはり地元ということもあるのかもしれませんが、ドイツ、チェコ、ハンガリー、スロバキアなどのメーカーが目立っていました。もちろん中国系のメーカーも数社出展し、広いブースに機体を所狭しと並べていました。下の写真はその中国メーカーの展示ブースです。社長の林(リン)さんに話を聞いてみると中国のコストが極端に高くなってきてとても昔のような利益は出ないよと言ってました。

RIMG0039

RIMG0040

RIMG0041



RIMG1127

RIMG1127-2

続きを読む

JetPower 2012 (その3 アバンティS)

RIMG1080
レポートその3では、これからリリース予定のAvanti Sを中心にセブアートのブースを紹介します。

RIMG1081
手前のブルーのAvanti Sが、デモフライトを行った機体です。
続きを読む

JetPower 2012 (その2)

RIMG0056
土曜日はあいにくの寒い日になりました。それでも朝から多くの人が集まってきています。
このその2では少し会場のの子をレポートします。


RIMG0082

もはや初冬という感じの出で立ちの人が多く見られますが、まさに寒いです。
しかたなくビールを飲んで体を温めることに・・・。
続きを読む

JetPower 2012 (その1)

ドイツのボンから車で20分ぐらいのバード・ノイェンアール・アールヴァイラーという町で9月14日〜16日までJETPOWER2012が開催されました。

前日13日に成田からフランクフルトに入り、鉄道でケルンに向かい、ケルンでレンタカーを借りました。
ついでにケルン駅前の大聖堂を一応チェックしてから、バード・ノイェンアールに向かいました。このケルン大聖堂は高さ157mもあり、ユネスコ世界遺産に指定されているそうです。世界遺産ががこんな駅前に!!RIMG1075  RIMG1076続きを読む

ドイツで手に入れたもの

mk01

ドイツ、バート・ノイエンアールで開かれたJet Power 2012の帰りにHackerさんの会社にお邪魔しました。その際JETIからリリースされたばかりのDC-16プロポが購入できないか聞いてみたところ、製品自体の生産量が非常に少ないうえMode1は全くないとのことでしたが、おそらくサポート用に残しておいたものではないかと思うのですがそれを分けてもらえることになりました。物が足りないためハッカーさん自身もまだ持っていないという話でしたので恐縮しましたが、せっかくの好意を受けることにして日本にもって帰ることができました。2.4Ghzの16チャンネルシステムでFHSS方式です。但し出力が100mWのため正式にはこのままでは日本で使用することが出来ません。しかしデザインもすばらしくまた機能的にも大いに興味がありましたので、これから勉強させてもらうつもりです。続きを読む

セブアート初のスポーツジェットの最近の写真とビデオが届きました。

AVT01
ホライゾンエアミート2012でのスナップです。パワーユニットはドイツBehotec社のBJ180、それにベクタースラスト機構を組み込んで3Dフライトを可能にしています。また両翼の下にはエンジンからのスモークとは別にレッドとグリーンのスモークが出せるようにしてあります。ウイングスパン2m、全長2.22m、ドライ重量10.8kg、胴体のみグラスファイバー、主翼等はバルサプランク、オラカバ仕上げです。続きを読む

JR飛行機大会におじゃましたところ・・・・・・!!

Sebart04
8月19日に行われたJR飛行機大会にすこしだけでしたがお邪魔してきました。
天気は抜群に良く、風の具合もこれ以上ないくらい右からの順風でした。
そんな中、最初のスポーツマンとアドバンスクラスが始まってびっくり。
セブアートの機体がズラッと並んでしまいました。ウインド50、ウインド110、ミスウインドなどで待機場がほぼ埋め尽くされてしまいました。嬉しいやら恐縮するやらで・・・・。続きを読む

スティーブS30E よく飛ぶね!

Stev 30Eオレンジイエローあります)を早速飛ばしてみました。
動画アップしましたので、是非みてください。あまりの安定性のよさに眠くなるくらい気持ちが楽になります。ストレスがないというのはほんとにいいことです。

でもこれでいろんな演技をするのであれば前縁スラットは外したほうがいいです。そのくらいスラットの効果があるんです。

http://youtu.be/usBpzP6a9tE

スティーブS 30E 製作しました

001
Shark 30Eの後継機ともいえるStev 30Eが入荷したので急いで組んでみることにしました。箱の写真にはセバスちゃんの次男スティーブ君と2種類のカラーバージョン(オレンジイエロー)が載っています。今回はオレンジバージョンを試作してみることにします。

002
中の開けてみるとこれまでになく整然と梱包されており、中の主翼や尾翼が動かないようにダンボールパネルで押さえがつけられていました。なかなか好感がもてます。
続きを読む

セバチャンのジェットAvantiSが飛びました!


VOLO-2_l


AVANTIのテスト飛行の写真を入手しましたので早速ご覧ください。
まずスモークを出しながら離陸です。パワーボックスのポンプを使っています。

続きを読む

Sport Aerobatic Jet AVANTI SがSebArtからまもなくリリース!!

top1
初めてのJet、AVANTI Sがこの秋にSebArtからリリースされます。
最終プロト機が完成し、イタリア北部Ozzano Emilia(オザノ エミリア)飛行場でテスト飛行を行ったときのスナップです。
スパン2000mm、全長2220mm、乾燥重量約9kg、写真の機体はJet-Cat P100 RXタービンエンジンを搭載しています。胴体はコンポジット(塗装済み)、主翼等はバルサフルプランク、オラカバ仕上げです。
機体のみのベーシックモデル、エアー駆動によるランディングギア搭載モデル、タービンエンジン搭載モデルなどいくつかのSKUを設定する予定です。
ちなみにベーシックモデルは税込198,000円の予定です。続きを読む

セバちゃん、優勝!!


sebaf3a_l

セバスチャンがMythos Pro 2mで、F3Aイタリア選手権で優勝しました。

結果表はこちらです。となりで優勝カップとバッテリーを持っている選手は、サンマリノF3A界の貴公子、マッシモくんです。セバちゃんは昔からマッシモくんとすごく仲がいいこともあり、彼に誘われてサンマリノ共和国に国籍を移したのかもしれません。マッシモくんのファミリーはサンマリノ共和国政治経済界に絶大な力を持ち、政府機関の要所要所に影響力のある親戚を配置しているとのことでした。気候がよく税金も低くそれなのに観光収入で国全体がお金持ちのサンマリノ共和国に国籍を移したい人が長い列を作っている中、短期間でセバちゃんがサンマリノの国籍を取得できたのもマッシモファミリーの力かもしれません。恐ろしいことです。でもマッシモくん、僕のこともよろしくネ!!


続きを読む
リトルベランカ


Subscribe with livedoor Reader
Archives
コメリドットコム ホームセンターのコメリ・ドットコム
記事検索
エアロフライFS WIN / MAC などのダウンロード版購入できます!
Produkt als Download kaufen


天気予報

-天気予報コム-
RC専用ローン
suruga

「Collectors loan/RC購入プラン」
  • ライブドアブログ