リトルベランカの電動ラジコン飛行機のFAQ

DENDO(電動)ラジコン飛行機をDENDO(伝道)したい!

F3A世界戦 in フランス(1)

あーだこーだ悩んでいましたが、最終的にフランスへ向かうことに決定。なんにも準備できていないまま出発日8月24日の朝を迎えました。フライトは夜の10時なのですが、たまっているメールの返事や新入荷品のネット登録などごちゃごちゃあるので会社にも行かねばならず、その上人に言えない病気のため病院にもいかねばならず、また旅に出るんだからこの伸び切った髪も切りたいなどこの期に及んですべてを半日でこなさなければならない完全ビハインド状況に一人焦っておりました。とりあえず朝からバッグに荷物を詰めたりしていたら、突然マンションの火災警報装置が作動し、「火事です、避難してください!!」の連続コール。まあ警報装置の誤作動だろうとタカをくくってパッキング作業に没頭していたところ、消防自動車のサイレンや廊下のほうからバタバタと人の走る音やドアがバタン、バタンと乱暴に閉まる音が聞こえ出し、この時点で「ヤバイことになったかも・・」とおもい、パッキングはそっちのけで必要最低限の物を持って外へ出ることに。
続きを読む

F3A世界戦本当にちょっとした速報25

F3A

世界戦結果は
1位 ペイサン・ルルー(仏)
2位 音田哲男(日)
3位 ローランド・マット(リヒテンシュタイン)

結果の詳細は、こちらで確認してください。

珍道中旅日記は近々アップします!

F3A世界戦本当にちょっとした速報

前日の雨もすっかりあがり、時折カッと射すような照りのなか個人戦セミファイナル。このラウンドは参加121名の予選上位30名によって争われました。全員あまりにうまく僕にはとても差があるようには思えませんでしたが、やはり厳しいジャッジの目を通せばポイントに差があるようです。いずれにせよ日本勢は3人とも上位10位以内に入り土曜日のファイナルに進むことになったようです。ファイナルは今までの点数はすべて忘れ上位10人でアンノウンとコンパルサリーで戦うことになっています。ところで電動の波は予想以上に激しく、参加121名中23名が電動、そしてさらにセミファイナルの30名中13名が電動でした。これにはかなりびっくりしました。チップ・ハイド氏とジェイソン・シュルーマン氏から実際に使った秘密のペラをもらうことができました。このことについての詳細は、日本に帰ってからのお楽しみに。

JAPANUScow

フライングスタイルのムスタングP-51B”オールドクロウ”の製作! by ando

アルファモデルF-86 セイバーの快音と飛びに、すっかり魅了されてしまいました。近々僕も手にいれようと密かに考えてるところです。今回はフライングスタイロ社オールドクロウの製作です。後期型のムスタングと大きく違う所は、キャノピー廻りです。後期型を見なれた僕には、かえって新鮮に見えてしまうのが不思議です。アルファモデルの機体を組み立てた後なので思わず身構えてしまいます。スナップオンキットのガンダムや現代のプラモデルを見なれた方はバキュームフォームのパーツを見ただけで後ずさりしてしまうかもしれません。しかしこれを機会にフライングスタイロの世界を楽しんでみては、いかがでしょうか?

オールドクロウ1

byリトルベランカ
続きを読む

四谷「すし匠」のばらちらしにカンパイ!!

四谷見附交差点から新宿通りを新宿方面へ。一つ目の路地を左に曲がり50mほど入った右手に「すし匠」というおすし屋さんがあります。「すし匠」の夜は「おまかせ」が中心なので、価格的にもなかなか敷居が高いお店です。しかしランチもやっているのです。そのなかでも「ばらちらし」は正直いって誰もがだまってしまううまさです。続きを読む

エクスプローラー140の4枚ペラ仕様のビデオアップしました!!

2枚ペラを2枚重ねた八田さんの電動F3A機 E-Xplorerのフライトをビデオに収めました。そのパワフルなフライトを実感していただけると思います。八田さんのテストだと

2枚ペラ-1続きを読む

やっとロボットが動き出した!!

10,000円弱で購入できるロボットキットRobo Designer RDS-X01を馬鹿にしてはいけない、自律型ロボットの基本とその周辺がキッチリ学べるすばらしいものでした。つい先日大阪で行われたロボカップの会場で買ったものですが、なにやかにやで手が付かなかったのですが・・・・
ロボット1続きを読む

抜群のサクサク熱々「かけカツ丼」に脱帽!!

丸の内線「四谷三丁目」駅を降りて新宿通りから「車力門通り」に入り坂を下った突き当たりに「鈴新」というとんかつ屋さんがあります。ここの名物は「かけカツ丼」なのです。続きを読む

FSK P51Bムスタング フライトレポート

AXI2208/34ブラシレス+3セル1050に付属の4枚ペラ。ラジ技さんの取材もかねてP51Bムスタング”オールドクロウ”
テストフライトとなりました。
(写真をクリックすると拡大写真が見れます!)
ムスタング01続きを読む

安藤さんのF-86製作レポートが届きました!

(写真をクリックすると拡大写真が見られます!)

アルファモデル社の最新作F-86セイバーを製作いたしました。ダクテッドファンシリーズ4機目の機体です。商品の内容をここでチェックして下さい。 ARF といってもほとんど完成状態ですので、主翼のジョイント及び水平尾翼の接着さえ終われば、即メカ積みといった状態です。ちょっと前までは一部のマニアックな人達だけのダクテッドが、ここまでイージーになって良いのでしょうか?

今回は、最上級仕様のハッカーモーターそして新入荷のフライトパワー社リポバッテリーを使い最強の F-86 を製作する事になりました。ダクテッドファンに的を絞りレポートします。
F86-3
続きを読む

ALFAモデルのF-86セイバーをテスト!!

先日アルファモデルの新機種F−86 セイバーのテストフライトをしました。

F-86-1
ハッカーB20-12L(KV値約4600強)、フライトパワーリポ11.1V1600、アンプはJETI Advance 12プラスを搭載してテストをしました。

続きを読む

フライトパワーのリポでノイスを・・そしてEPPミニF3A機ウイッチも飛ばしてみたぞ。

3セル2000などのリポではノイスのフロントが軽く、また飛行時間をさらに延ばしたいという2つのことを解決するためにフライトパワー3セル2500を搭載してみました。案の定重心位置はばっちり、収まりもよくいい感じです。さっそくテイクオフ!!

ノイス1ノイス2ノイズ3

ノイス4ノイス5続きを読む

電動用可変ピッチペラ(EVP)で飛ばすとこんなことに・・・

八田さんのEPP電動ミニF3AウイッチにAXI2208/34EVP(シャフトが中空になっていてピッチをコントロールするロッドが差し込めるようになっています。)とEVPペラシステム、そしてフライトパワー11.1V350を搭載してみました。機体以外は完全に2005ETOCで優勝したスコット・フォスターと同じ仕様です。飛んでる最中にペラが逆ピッチになったらどんなことになるのか・・・

ウィッチ1ウィッチ2

ウィッチ3ウィッチ4続きを読む

大阪ロボカップ世界大会をみました。

新幹線と地下鉄を乗り継いで大阪コスモスクエアで開催されていた「第9回ロボカップ世界大会イン大阪」にいってきました。マニアックな一部のネクラ少年だけ危なげなロボットをつくっているようなイメージがあったのですが、ここへ来て大きな間違いであったことを理解しました。海外の大学生はもちろんメジャーな企業がどんどん参加し、さらに女性もお母さんも子供も一緒に楽しんでいるメジャーイベントになっていたのです。今年は35カ国419チームが参加!!中学生や小学生までもが参加できるロボカップジュニアも開催されており、会場はてんやわんやの家族でいっぱいでした。ロボカップ2ロボカップ5ロボカップ8続きを読む

氷下魚と書いてコマイと読む・・

komai昔、北海道出身のボクはこれをカンカイといってほんとにカンカンになるまで完全に干したコマイをかなづちでたたいておやつ代わりに食べていました。タラの子供のような大きさでその当時は全長20−25センチのものが多かったような気がしました。かなづちでたたいて身が崩れたものをむしって食べていました。ところが・・・続きを読む

新しいフライトパワー4S2P14.8V5000ミリを使ってみました。

FP1FP4ExplorerV90に搭載したHacker C50-9L-3.7:1のテストにいよいよ充電したばかりのフライトパワー14.8V5000ミリを使ってみました。最初ペラは12X6Eでやってみると59Aくらいでフルハイ9900回転となり、いい感じです。しかし・・・
続きを読む

フライトパワーのバランサーを使ってみたところ・・・

リポは過充電過放電に極めて弱く、パック内の各セルの電圧のバラツキがその後の充電や放電に関して多くのトラブルを起こす要因となっていたことはかなり前から指摘されていました。この電圧のバラツキをマイクロプロセッサー制御によってバランスさせようというアイデアがフライトパワー社によって実際に商品化されました。アイデア的には最低の電圧のセルを選び出しそのセルに合わせてほかのセルも電圧を下げてしまおうといういわばマルチ放電器のようなものです。しかしひとつのセルを放電している間に他のセルも微弱ではありますがばらばらなスピードで自然放電するので、絶えず各セルの電圧を見張ってバランスをとることが必要になるのです。このためにマイクロプロセッサを使って各セルの電圧を合わせるといったデバイスが出現したわけです。実際に使ってみたところこんな結果になりました。パワーバランサー1パワーバランサー2続きを読む

焼き鳥屋さんの激戦区、四ツ谷の一押し軍鶏料理専門店

四谷の繁華街「しんみち通り」を抜け、さらに50メートルほどいった右側に軍鶏専門の焼き鳥屋さん「浅草屋」があります。焼き鳥は軍鶏にこだわっていてすべて軍鶏だけ。そういえば一部ゴールデンポークの焼き豚もありました。(これもうまいです)焼き鳥は小ぶりでなんだか昔の屋台の焼き鳥の雰囲気です。しゃれた「梅の何とか」なんて一切ありません。あくまでも正統派焼き鳥にこだわっているのがわかります。なんとなくここ最近モダンな創作系焼き鳥屋さんが多くてなんとなく焼き鳥を敬遠していたのですがここに来て、「これですよ、探していたのは!!」と思わず叫んでしまいました。焼き鳥で涙を流していたらさらに感涙に咽ぶものが!!続きを読む

HACKER C50-9L+3.7:1の電流値

飛ばしに行こうとすると雨なので仕方なくショップの前で新たにExplorerV90に搭載したHacker C50-9L+3.7:1をまわしてみることにしました。アイデアとしては90クラスの機体をリポ1パック(3セル、4セルあるいは5セル1パックという意味です)で飛ばしてみたいということです。やはり2パックだと充電も大変だし、なんとなく大掛かりなイメージが付きまとって初めての人にとってはとっつきにくいと思われがちなので、エンジンからモーターへの換装がスムーズではない気がしたからです。
050707-5続きを読む

六本木「与太呂」でございます!

今週は若干高めですがてんぷらを食べるならここ「与太呂」というはなしです。六本木の交差点俳優座横の道を旧防衛庁の方へ100mほど入った左手のビルの1Fです。与太呂さんはすべて揚げたてをカウンターでいただきます。てんぷらはというと衣というには余りに薄い衣に包まれています。これはかなりの薄さです。だからほとんどお腹にたまらない優しさなのです。熱々をもちろんお塩でいただくわけですが、一度食べたらほかではもうてんぷらを多分食べたくなくなるたまらなさです。すべてお任せなので旬の魚や野菜をその季節季節にいただくことが出来ます。お客様のペースに合わせて出てくるところも優しいご主人の心遣いです。てんぷらを堪能した後のご飯は変わっていて「鯛めし」なのです。続きを読む
リトルベランカ


Subscribe with livedoor Reader
Archives
コメリドットコム ホームセンターのコメリ・ドットコム
記事検索
エアロフライFS WIN / MAC などのダウンロード版購入できます!
Produkt als Download kaufen


天気予報

-天気予報コム-
RC専用ローン
suruga

「Collectors loan/RC購入プラン」
  • ライブドアブログ