リトルベランカの電動ラジコン飛行機のFAQ

DENDO(電動)ラジコン飛行機をDENDO(伝道)したい!

AWG(アメリカン・ワイヤー・ゲージ)と国内規格の話

モーターやアンプのケーブルを延長したり、充電ケーブルやコネクター変換ケーブルを作ったりするときにケーブルを使いますが、そのケーブルの被覆にAWG10とかAWG14など印刷されているのを見たことがあると思います。それっていったい何なのかと思ったことはありませんか?

AWGはAmerican Wire Gaugeの略で、米国の電線規格です。芯線の断面積の大きさによって番号が付けられています。外側の被覆材を含んだ断面積ではなく、まさに導体としての芯線だけの断面積の大きさで規格が決められています。基本的にAWG1からAWG50まであり、番号が多くなるほど細くなります。これは穴から銅線を絞り出すときに、順番に細くしていくため、番号が多いほど細くなります。またAWG1よりも太いものもあり、その表示はAWG1/0,AWG2/0,AWG3/0,AWG4/0となっています。

ちなみにAWG1では芯線の直径が約7.3mmで芯線断面積は42.41平方mm(半径3.65mmの2乗x円周率)、またAWG50では芯線直径0.025mmで芯線断面積は0.0005平方mm(半径0.0125mmの2乗x円周率)と規定されています。

実際に電動ラジコンで多く使われるいるのは大体AWG10からAWG14あたりで、芯線直径と断面積はそれぞれAWG10が2.6mm(5.3平方mm)、AWG12は2.0mm(3.3平方mm )またAWG14は1.6mm(2.1平方mm)となっています。

AWG10は6セル5000ミリ、AWG12は3セル2500, AWG14は3セル1000などに使われています。お手持ちのバッテリーケーブルの印刷を確かめてください。断面積が大きいほど多くの電気エネルギーを流しやすいので、電圧が高く容量の大きいバッテリーには断面積の大きいものが使われます。広い道路と狭い道路、あるいは太い水道ホースと細い水道ホースの例えを出すまでもなく、電気も太いほうが抵抗なく流れます。大きな電気エネルギーを流すときに不相応に細いケーブルを使うとケーブルがその抵抗により熱を発することになり、またそれを超えると溶けて断線する結果となります。反対にわずかな電気エネルギーを流すだけなのに不相応に太いケーブルを使うのはどうでしょうか?抵抗がないのでエネルギーの移動はスムーズですが今度はケーブルの重量が問題になります。小さな電動機に重いケーブルは無駄なだけです。相応の太さのケーブルを選択することが肝要です。

またこれに伴いコネクターの大きさも重要で、抵抗なく電気エネルギーを移動させるようおおよそですがAWG10のケーブルには5.5-6.0mmのゴールドコネクター、AWG12には3.5-4mmのゴールドコネクター、AWG14には3-3.5mmのゴールドコネクターが推奨されています。コネクターのスペックを確認して選択することが必要です。

ところで国内のケーブル規格はどのようになっているのでしょうか?これはJIS規格によってきめられています。全てSQ(Square、スクエア、業者はスケと呼ぶ)で規定されています。ここでいうSQとはスクエアミリメートル=平方ミリメートルのことです。例えば国内で2.0SQとは2.0平方mmのことで電気工事業者などの間では2スケと呼んでいます。これはちょうど米国規格AWG14に近いものです。またAWG12は国内規格の3.5SQ、AWG10は国内規格5.5SQと近似しています。

秋葉原あたりの電線屋さんに行くとAWG規格のケーブルを置いてあるところもありますが、やはり国内規格品が多く、SQになります。もしAWG12が欲しくてお店で尋ねた時、店の人が「それなに??」とか言われたら「3.5スケのケーブルさがしてますが、ありますか?」と聞き直しましょう、それだけで「コイツわかってるな」と思われ少しおまけしてくれるかもしれません、保証の限りではありませんが。かくいう私も20年くらい前に秋葉原でケーブルを買おうとしたとき、向こうから「何スケ?」と聞かれ、まったくその意味がわからず面食らった経験があります。

またケーブルの被覆材も重要です。加工の簡単さや製造コストの安さからPVC(ポリ塩化ビニール)が一般には多いのですが、寒くなると固くなったり、狭い場所での柔軟性に欠ける部分があり、ラジコン界ではシリコンゴム素材の被覆材が使われたシリコンケーブルが一般的になりつつあります。耐熱、耐寒性に優れ、柔軟性が高く、またさらに電気的にも高圧に耐えることから、最近では電動ラジコン界ではシリコンコードが多く使われています。

AWGのサイズや日本国内規格との比較などご理解いただけましたでしょうか?もし何かご不明の点がありましたら是非メールなどでお問い合わせいただければと思います。




DINOGYからのお知らせ

最新Dinogy Graphene 2.0バッテリーを搭載したFPVのビデオがオーストラリアから届きました。
車に乗りながらのFPVはFAAも遺憾(いかん!!)といってるのに…ここでは関係なさそうです。
まあ、これだけ広いからね。それにしても年寄りにはきつい、目が回りそう。
続きを読む

COOL MASTERの製作(その1)

4

今日から3回くらいに分けてクールマスターの製作記事をアップしてゆきたいと思います。
写真を撮りながら進めてきましたが、実際には肝心なところが抜けていたりで、情けないものがあります。そこは説明を詳しくしてなるべくよくわかっていただけるようにしますが、不明の点は遠慮なくメールやお電話をいただければと思います。スパン1650mmもありますので家の中で両翼を装着できる場所がなければ、片翼づつでも設定できますので安心してください。また完成した暁にはとにかくその安定した飛びに感動すること間違いなしなので、これまた安心して作業を進めてください。

製作するうえで一つだけ重大な注意事項があります。それはビニールの袋に入っている細かいパーツのことです。すべてのパーツはビス一つとして余るものはなくすべて使いますので、絶対になくさないでください。このチェコの会社は何人かの人によってパーツの検品を行って過不足なく封入しています。失くしてしまうと取り返しがつかないものもありますので、とにかく注意深くビニール袋を開封し、すべてを大きなプラスチックケースに入れるなど絶対になくさないようにしてください。このことだけは注意してください。乱暴にビニールを破るとパーツが飛び出し、行方不明になります。万全の注意を払ってください。
続きを読む

Hacker Model の新製品クールマスター!!

1

Hacker Modelの新製品、クールマスター、限定数入荷しました!エルロン、フラップ、エレベーター、ラダーのサーボが搭載され、リンケージも終了しているキットなので、写真を撮りながらも約1日で完成しました。夕方に完成したので急ぎ飛行場へ!!飛ばしてみてほんとに驚きました、あまりの安定した飛行ぶりに感激で涙が出るほどでした。スピードはあくまでもゆっくりで、とにかくまっすぐ飛んでくれました。頭上げが怖いと思い、エレベータトリムをわずかにダウンに入れておいたのですが、飛ばしてみると少し頭を下げるので、ニュートラルに戻して正解でした。エルロンのトリムは修正することがなくこれまたぴったり、とにかくまっすぐゆったり飛んでくれました。さらにフラップを下しての飛行は格別で、着陸時にも静かにゆっくり進入して、滑るように着陸してくれました。いや〜〜〜これはほんとにいい、初心者の方にも超おすすめの機体です。ただほんとに初めてだとマスタースティックのほうが小さいので恐怖感はないと思いますが、実際に飛ばしてみるとこのクールマスターのほうが意外に飛ばしやすいと感じるかもしれません。続きを読む

EC5コネクターの装着方法について

EC512

EC5コネクターの装着方法について知らない人が多いようなので、順番に説明させていただきます。写真のようにきれいに装着されているのは見ていても気持ちがいいし、実際がっちりコネクターとハウジングがおさまっていて抜けることもありません。続きを読む

GP ジャイロ搭載モデル SENSEI FSの製作

sen01
senseiの製作とプロポの設定、そしてフライト時の注意などをまとめましたのでご覧ください。製作はドライバー1本で出来上がるくらい簡素化されており、またサーボは言うに及ばずモーター、アンプ、フライトスタビライザーも全て装着済みになっています。続きを読む

Mytho S 30Eの製作

m301

SebArtの新製品ミトス30E(ブルーイエローがあります)がやっと入荷したので、とりあえず製作に取り掛かりました。時間的にはなんだかんだで、実際には朝10時くらいに始めて夕方6時前にはデカールを除いて終わりましたのでまあ1日あればとにかく完成できるということかと思います。また実際の完成重量は、バッテリー無しで1420gでした。30クラスにしてはかなりボリュームがありますが、かなり軽量に仕上げることができるので、いい飛びが期待できます。続きを読む

Master Stick(Hacker CZ)の製作

MS01

チェコのハッカー社から新発売になったMaster Stick(ピンク)Master Stick(パープル)が入荷してきましたので早速製作に取り掛かりました。すでに飛行もさせまたいろいろなパイロットの方々に飛ばしてもらうこともできました。その結果いつまでもビギナーのココロとテクニックを保持している私も含めまた多くの初心者、ベテランの方々からの感想は全て一言「飛ばしやすい!!」でした。ですのでこれはシミュレーターで飛ばせるようになった超初心者の方から往年の年配フライヤーまで安心して飛ばしてもらえる機体だと自信を深めました。素材はEPP(発泡ポリプロピレン)で、多少の乱暴な着陸や衝撃にも壊れません。また今回入荷分の機体は全てモーター、アンプ、サーボ、リンケージが終了した本当のRTF(Ready To Fly)バージョンです。従いまして製作というより受信機を積んで、尾翼と主翼をねじ止めし、モーターにプロペラを取り付ければ完成という超すぐ飛ばしたい人向けのセットです。なお上の写真テストサンプルのブルーバージョンになります。続きを読む

ベンティーク60Eの初フライト

ソメンジーニの機体、ベンティークの初フライトをしました。パイロットはもちろんコッシーこと小清水
大介君です。ビデオをアップしましたので、ぜひご覧ください。


続きを読む

DJI Phantomのパワーアップを実行

SKY01

SKYRC社からDJIファントムのパワーアップモーターセットが発売になりましたので早速交換してみることにしました。CWタイプ2個とCCWタイプ2個、合計4個セットですからいわゆるQuadCopter用です。モーター固定用用の穴ピッチは、いわゆる19/16mmなのでそれにさえ合えばファントムだけではなくほかのQuadcopterのパワーアップにも使えます。なおCW(時計回り)とかCCW(反時計回り)というのはモーターの回転方向ではなく、シャフトに切られているねじ山の締め付け方向を表していますのでご注意ください。

さっそくファントムの上カバーを外す準備に取り掛かります。ペラとプロペラガードを外し、ファントムの裏側のボルトを外してゆきます。センター付近にも奥深く固定されているボルトがありますので忘れずに外してください。また一番先端はキャップボルトではなくM2の+ボルトになっています。続きを読む

ST MODEL SALTO リトラクトEDFの製作

SAL14

STMODELのSALTOは、リトラクト式のEDFユニットを搭載しており、スロットルスティックの上下に応じて、胴体から飛び出したり、収納するようになっています。設定も簡単でほぼ半日で仕上がります。写真はスロットルを上げてEDFが飛び出し、モーターが回転しているところです。



続きを読む

JETI SPS 20 マグネット式電子スイッチをテスト

SPS01
チェコJETI社より少し前に発売されたマグネット式電子スイッチSPS 20が入荷してきたのでテストしてみることにしました。接続は写真のように行います。右下がSPS 20本体で右側Outから受信機へケーブルが接続されています。左には2セルのバッテリーが接続されています。中央やや左の楕円のカバープレートが装着されたものがマグネットスイッチです。青丸に十字の線が入りまた右側には赤い点とLEDインディケーターが見えます。今回は受信機を接続しましたが、振動にも全く影響を受けないのでガソリンエンジンの点火ユニットへの電源供給の際のスイッチとしても最適です。続きを読む

Dinogy65Cで世界最速記録202mph(時速323km)達成!!

Nic Case 1st RC (10-30-16-51-27)
ニック・ケース氏がラジコンカーで10月25日に世界速度記録202mphを達成したとのニュースが入ってきました。それもなんとDinogyバッテリー65Cタイプを使って達成したというのです。(セル数や容量など詳細はわかりませんが、いずれ明らかのなると思います。)
まずはビデオをご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=96OBzDI1ZIM&feature=youtu.be

続きを読む

キケの飛行機”べンティーク60E ARF”

19491_11


10月13日に公式発表になりましたので、すでにご存知の方も多いかもしれませんが、あのキケ・ソメンジーニ氏(通称ソメちゃん)がホライゾンホビーを出て新しい会社を発足させました。会社名はFlex Innovationで彼の故郷南米に近いフロリダに本社を構えました。詳細はこちらこちら続きを読む

ゴム動力キットSparrowを作ってみました。

SP01

ほんとに50年以上ぶりかもしれないゴム動力キットを作ってみることにしました。これは新しいユニオンモデルのスパローです。翼端はなんとバルサになっていて竹ひごを曲げる必要がないタイプです・・・・。さてキットの中身はこんな感じになっていました。続きを読む

MYTHOS 50E量産版を製作してみた(4)

MY25

左側が機首方向です。バッテリーはECO-X 6S5000を前へ出せるだけ出しても、ラダーサーボを胴体後部へ搭載したため、ノーズモーターマウントに50gの鉛を接着しています。またバッテリーを搭載する場所は2ミリべニアで補強しています。マジックファスナーをきつく締めた時に肉抜きした胴枠が折れるのを防いでいます。アンプはHacker X70-SB Proを使用しました。コネクターはXT90-Sアンチスパークを使用しました。受信機はフタバR3008SBを使用し、エルロンサーボフタバS9570SV2個はS.BUS2ポートに三又ケーブルで接続しています。またエレベーターサーボJR DS34012個からは800LG延長ケーブルでCH2とCH8に接続してDual Elevator設定を行っています。、ラダーサーボ=フタバBLS171SB 1個からは800个留篦好院璽屮を使いました。続きを読む

MYTHOS 50E量産版を製作してみた(3)

MY14

ランディングギアにカバーを張り付けました。ZAP PT20高粘度瞬間接着剤を使いましたが、何度も飛ばした現在もはがれていません。そのままだとスパッツにぶつかるような長さだったので5伉度切り落としてあります。続きを読む

MYTHOS 50E量産版を製作してみた(2)

MY06

テーブルの上で作業するときには、スタンドの代わりに段ボール箱があれば助かります。適当に切り込みを入れて胴体を固定することができます。続きを読む

MYTHOS 50E量産版を製作してみた(1)

MY01

やっと量産版のミトス50Eの製作に取り掛かることができました。プロト機はイエローバージョンだったので今回はブルーバージョンを作ってみました。とにかく朝から取り掛かって夜中12時過ぎまでかかりましたが、ほぼ1日で完成しました。慣れていたこともあるかもしれませんが、初めてでも3日もあれば完成すると思います。続きを読む

Real Flight7インターフェイス版を使ってみました。

RF701
Real Flight 7インターフェイス版は、自分の送信機を接続して使えるものです。プロポそのものの機能が使えるのでミキシングなども使えてかなり高度なことができます。箱の中にはUSBケーブルが接続されたインターフェイスボックス、CD,メガパック、日本語マニュアルが入っています。ソフトをインストールする前に注意することがあります。まずパソコンのユーザーアカウントが日本語ではなく半角英数であること、またそのアカウントが管理者であることが必要です。もしそうなっていない場合は、新たにアカウントを追加してこの要求に合わせてください。
インストールは多少時間がかかります。PCにもよりますが20−30分程度はかかると思います。でもうまくインストールできれば、ほんとにリアルな機体と飛行場で何度でも練習できますので頑張ってください。続きを読む
リトルベランカ


Subscribe with livedoor Reader
Archives
コメリドットコム ホームセンターのコメリ・ドットコム
記事検索
エアロフライFS WIN / MAC などのダウンロード版購入できます!
Produkt als Download kaufen


天気予報

-天気予報コム-
RC専用ローン
suruga

「Collectors loan/RC購入プラン」
  • ライブドアブログ